アメリカ不動産投資
最新情報!ニュースメール無料登録
アメリカ不動産投資情報
不動産投資 投資の種類
不動産投資 TRUST DEED INVESTMENT
不動産投資 ランドバンキング
 
アメリカ不動産
 
アメリカ不動産 大富豪
 
アメリカ不動産 カリフォルニア 視察
 
不動産投資情報
 
投資家ビザ
 
不動産投資 用語集
 
パーソン不動産
 

 

 

アメリカ不動産 FIX AND FLIP

 

投資期間別

  • 短期投資
    FIX AND FLIP  
    投資期間:1年以内
    割安な物件を購入し、リモデルやアップグレードの方法できれいに物件をFIX(手直し)し、価値を高めてから、市場にFLIP(転売)して数百万円の利益を手に入れる投資のことをいう。
     
  • 長期投資
    BUY AND HOLD  
    投資期間:5年以上 
    購入した物件をテナントに貸して、家賃収入を得ながら、物件の価格上昇(APPRECIATION)
    も狙っていく投資のこと。
    購入者は、不動産のオーナーとして、減価償却費の控除などのタックスメリットも受けられる。

 

投資先別

  • 投資初心者の方におすすめの物件

    一戸建て、DUPLEX(二戸建て)  
    物件金額  $150,000~   
    不動産投資におけるキャッシュフロー、物件管理の基本を身につけられます。
    大型物件の投資でも、基本は同じです。小さい物件からはじめて、しだいに大型物件への投資に切り替えていく方が多いです。1031エクスチェンジのメリットも受けられます。

    DUPLEX
     

  • すでに投資ご経験者の方におすすめの物件

    10戸程度のアパート   
    物件金額  $1,000,000~    
    投資金額が高くなりますが、その分、キャッシュフローも大きくなりますので、不動産投資の醍醐味を味わえます。
    FIX AND FLIP
     

  • 「私の職業は不動産投資家です!」レベルの方におすすめの物件

    FIX AND FLIP物件価格  $1,500,000 以上   

    大型アパート / ショッピングセンター / オフィスビル / ホテルなどの商業物件

    商業不動産を買うときにはキャップレートをもとに物件を選び交渉するという基本的なルールがあります。
    キャップレートとは、還元利回りのことで、NOI(純収益)を売買価格で割ったものをパーセント表示したものです。たとえば、あるアパートのNOI(純収益)が5万ドルあり、そのアパートが50万ドルで売買されるなら、そのキャップレートは10%です。ホテル 投資 アメリカ

    商業物件の場合は、個人の与信審査が厳しいなど、住宅物件とは多少ルールが違うところがありますが、キャップレートに基づいた投資をしていれば、大きな失敗はしにくく、住宅投資よりも大きい利益が期待できます。

HOME
なぜ、アメリカ不動産?
投資をする前に
アメリカ不動産イメージは?
アメリカ不動産投資メリット
リスクマネージメントとは
投資を始める準備

投資の種類
アメリカ不動産投資の種類
TRUST DEED INVESTMENT
ランドバンキング
購入手続き
売却されたい方
売却に関しての知識
売却時の節税対策
よくある質問
日本からの投資家様の場合
アメリカ在住のお客様

プロフィール
アメリカ不動産投資視察ツアー
最新!不動産投資情報コラム
投資ビザを取得しよう!
用語集
サイトマップ
お客様に喜ばれている5つの理由
個人情報保護方針
お問い合わせ

Copyright © アメリカ不動産.com. All Rights Reserved.
WEBDESIGN By ALL VISION PRODUCTION

 

 

Copyright © アメリカ不動産.com. All Rights Reserved. WEBDESIGN By ALL VISION PRODUCTION